レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ネットサーフィンをしていたら、たまたまこんな画像を見つけました。

ジャコ・パストリアスとレイ・ブラウン

ジャコ・パストリアスがレイ・ブラウンに、エレキベースを教えているのか、薦めているのか、そんなふうな写真です。
なかなかユニークな図なので、レイ・ブラウンがエレベを弾く動画がもしやYouTubeにあるのではと探したのですが、見つからず。
代わりに、ロン・カーターがエレベを弾く動画に出会いました。
『サニー』のヒットで知られる歌手ボビー・へブとのデュエットです。

Bobby Hebb-You've Got Soul LIVE 1971


サングラスにお髭のロン・カーターが、椅子に腰かけてエレキベースを弾いています。
1970年代の初めですから、三十代の半ばといったところでしょう。
そういえば、ロン・カーターはマイルス・デイビスのMiles in the Skyでエレベを弾いて(弾かされて?)いましたね……
もしかしたらCTIのアルバムなどでもエレベを弾くことがあったのかも?

Miles Davis - 01 Stuff (part 1) - Miles in the sky



わりと好きなアルバムです。
Miles in the Sky (Reis)Miles in the Sky (Reis)
Miles Davis

Sbme Special Mkts. 2008-01-31
売り上げランキング : 78602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジャコ・パストリアスの演奏をYouTubeでチェックしていたら、
思わぬものに出くわしてしまいました。
なんと航空自衛隊航空中央音楽隊が、
ジャコ・パストリアスで有名な「ザ・チキン」を演奏していたのです。
自衛隊の音楽隊というと、軍楽隊で
軍艦マーチの類でもやっているのだろうくらいの認識しかなかったのですが、
それがジャコ・パスの代表曲をカッコよく演奏しているのですからビックリ仰天です。

[jazz] Jaco Pastorius "The Chicken" - Japanese Air Force Band


調べてみると、この航空自衛隊航空中央音楽隊は、
フィル・ウッズやトゥーツ・シールマンスとも共演していてまたまたビックリ。
ゴールドポップ~ジャズ・ジャイアンツmeet吹奏楽なんていうCDまで出しているのでした。

ゴールドポップ~ジャズ・ジャイアンツmeet吹奏楽ゴールドポップ~ジャズ・ジャイアンツmeet吹奏楽
航空自衛隊航空中央音楽隊

キングレコード 2009-07-23
売り上げランキング : 4858

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

さっそくそのCDを手に入れてみましたが、フィル・ウッズやトゥーツ・シールマンスの他、
日本の一流ジャズメンもサポートに加わり
(ベースはエレキベースの久末隆二氏が参加)、
カウント・ベイシーの「ベイシー・ストレイト・アヘッド」や
ご存じエリントン・ナンバー「A列車で行こう」も入っていて、
吹奏楽というより完全に胸のすくビックバンド・サウンドに仕上がっています。
アルトサックスの巨匠フィル・ウッズは11曲中5曲に参加、
ジャズバラードの「酒とバラの日々」やクインシー・ジョーンズの「クインテッセンス」、
先頃亡くなったホレス・シルヴァーの「ニカの夢」、ウェザー・リポートの「バードランド」等で、
ご機嫌なソロを堪能させてくれます。
ハーモニカの巨人トゥーツ・シールマンスは3曲に参加、
自ら作曲したジャズナンバー「ブルーゼット」や映画音楽「ムーン・リバー」で、
切ないハーモニカサウンドを聴かせてくれます。

*こちらは「ザ・チキン」の演奏が入っているアルバム
GOLD POP2GOLD POP2
航空自衛隊航空中央音楽隊 明光院正人 東郷太郎

キングレコード 2010-05-12
売り上げランキング : 4880

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近頃自衛隊に関しては、
「**的自衛権」とか「**的平和主義」とか微妙な話題が多いですが、
この素晴らしいバンドが軍歌で隊員を戦場に送り出すような事態にならないことを
祈るばかりです。


今回はジャズベースとは関係ない話なのですが…

仕事にベストな環境が維持できるので、
これまで頑なにWindowsXPを使い続けてきましたが、
今年の4月にサポートが終わるとかで、
この年末年始は、
どうしたものかとパソコンをいろいろいじっていて、
たまたま古い15インチの液晶モニターで当ブログを見たところ、
文字の小ささにびっくり。
当ブログ管理人の老眼の目ではよく読めないほどでした。

テンプレートを編集してfontを大きくする手もありますが、
それもなんだか億劫なので、
この際思い切ってテンプレートを変えてしまいました。
ノートを模した、なかなか洒落たデザインのテンプレートです。

10年以上にわたって使ってきた愛しきWindowsXPに別れを告げ、
新しいOSはWindows7にすることに決めましたが、
案の定これまで使っていたソフトがいくつか使えなくなり、
ベースを弾いている場合じゃないような事態に……
現在対策に頭を悩ませているところ。

マイクロソフトよ、出した製品は最後まで責任を持て!

最後に、今年は何か良いことが起こりますようにとの期待をこめて、
フランク・シナトラのビートルズ・カバー「Something」を。
ポール・マッカートニーも昨年の日本ツアーの時、
「ジョージのために」と日本語で言って、
ジョージ・ハリソンにもらったというウクレレを弾きながら歌っていました。

Frank Sinatra Something


フランク・シナトラは歌う前に、
ドン・コスタのmarvelous arrangement(素晴らしいアレンジ)と言っていますが、
日本公演のDVDではネルソン・リドルの編曲と話していたような記憶が。
果たしてどちらが正解なんでしょうか?
それとも違うアレンジ?──ちゃんとDVDで確かめねば。

*フランク・シナトラの日本公演のDVD(6曲目がSomething)
イン・ジャパン 日本武道館 1985 [DVD]イン・ジャパン 日本武道館 1985 [DVD]
フランク・シナトラ

ワーナーミュージック・ジャパン 2012-04-20
売り上げランキング : 113936

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


*フランク・シナトラのSomethingが聴けるアルバム
My Way: The Best of Frank SinatraMy Way: The Best of Frank Sinatra
Frank Sinatra

Warner Bros UK 2000-01-01
売り上げランキング : 170743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


実は先月肉親が亡くなり、
この三味線を形見として譲り受けました。

三味線

わが家にはベース、ウクレレのほか、
エレキギター、フォークギター、バイオリン、キーボード、
アルトサックス、ブルースハープ、オカリナ……
と、できもしないのに、いろいろな楽器がありますが、
ついに和楽器も仲間入りです。

どうやって弾いたらいいのか、
皆目わかりません。
せめて調弦くらい教わっておけばよかったと反省しています。
でも、いつか三味線入門ブログでも始められたらいいなと思っています。

日米のAmazonの洋書などの品揃えには、
実はかなりの差があるのをご存じでしょうか。
日本のアマゾンでは扱っておらず、
アメリカのAmazonでしか手に入らないものが結構たくさんあるのです。

たとえば、ポール・チェンバース(paul chambers)の
ベースライン(bassline)のコピー集が欲しいとします。

日本のアマゾンの検索窓で洋書を選び、
paul chambers basslineと入力してクリックすると、
ポール・マッカートニーのコピー集が出てきてしまいます。

しかし、アメリカのAmazonの検索窓でBooksを選び、
同じことをすれば、ポール・チェンバースのコピー集が見つけられるのです。