レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

もういいかげんけっこうな年齢で、
フェンダーのジャズベースは重くて、
持ち歩くのもつらいし、立って弾くのもしんどいので、
軽くていいエレキベースがないかなと常々思っています。
もちろん、4ビートのウォーキングベースライン用に使えることが条件ですが。

そんなわけで、ネットオークションを見ていたら、
ヤマハの古いエレキベースが出ていたので、
入札したら数千円で買えてしまったのが
このモーションベースMB-3というミディアムスケールのベースです。


YamahaMotion3


このヤマハのミディアムベースはフェンダーのジャズベースに比べたら、
はるかに軽いし、小さいし、フレットの間隔も狭くてギター並に弾きやすいです。
音はといえば、4ビートのウォーキングベースラインを弾いたかぎりでは、
低音部は茫漠としながらもなかなかいい音が出るのですが、
1弦がどうも貧弱な感じです。
しかし、この軽さや扱いやすさは捨てがたく、
弾き方を工夫したり、うまく音を調節できたら、
ぜひメインベースにしたいところです……

フェンダーのジャズベースで4ビートのベースラインを
パソコンに録音してみたのです。
しかし、ジャズのウォーキング・ベースにしては
どうも音が金属っぽいような気がしました。

そこで、黒いナイロン弦を張ってある
フェンダー・ジャパンのフレットレス・ベースで録音してみたら、
まあまあかな、という感じでした。
(こっちもフェンダーのジャズベースですが……)

フレットレスベース

ジャコ・パストリアスのまねみたいでイヤだったのですが
(なら、なんで持ってる?)
ウォーキング・ベースとなると、
やっぱりこっちのほうが感じが出るかも……

ということで、メインベースは
フェンダーのフレットレス・ベースに変更したのでした。

さあ、1からジャズベースの勉強のやり直しだ!
では、どんなベースを使ったらいいのでしょう?

家の者が軽音部でロック・バンドのベースを担当していたので、
フェンダー・ジャパンのジャズベースを貸してあったのです。
今はもうやめているので、これを取り戻すことにしました。

なにせジャズベースというくらいです、
ジャズをやるにはピッタリではないですか。

フェンダージャズベース

30数年ぶりに結成したジャズ・ボーカル・バンドのライブには、
このフェンダーのジャズベースで挑んだのでした。
中学のときビートルズに憧れて買った、
グレコのショートスケールのエレキベースです。
西武池袋線の江古田駅近くにあった楽器屋さんで
手に入れたように思いますが、今ひとつ記憶があやふやです。
もちろん、ポール・マッカートニーのヘフナーの
バイオリンベースの気分を味わいたかったわけです。
うれしかったですねえ……

バイオリンベース

しかし、このベースでジャズをやるのは少々無理がありますよね。
だいいち、もう音が出ません……