レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

〝ベースで弾くチャーリー・パーカー・フレーズ集〟第3弾は、
「オーニソロジー」で演奏されたジャズ・アドリブ・フレーズです。

今回も同じくチャーリー・パーカーのコピー集Charlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos .を利用しています。
*この楽譜集のBass Clef版の譜面はへ音記号で記されていて、
ベーシストが使いやすくなっています。
ただし、ベース用のタブ譜までは付いてないので、
当ブログの譜面にはタブ譜を付け足しています。


Charlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos . Transposed to Concert KeyCharlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos . Transposed to Concert Key
Charlie Parker

Hal Leonard Corp 1987-02-10
売り上げランキング : 91436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■GのキーのⅠ(トニック)GΔ7のフレーズ
GΔ7
(クリックで拡大)

GのⅠ(トニック)のフレーズなので、スケールでいうとイオニアン、
平たくいえばGのメジャースケールが使われています。
フレーズといっしょにベース用のGのメジャースケールの譜面も載せておきました。

スケール以外の音は、6th(E)から5th(D)に進行する際に
クロマチックの経過音E♭(♭6th)が使われているだけです。
さすがジャズの神様だけあって、
無駄な音は一切使わずに素晴らしいフレーズを奏でています。


■FΔ7のフレーズ
FΔ701
(クリックで拡大)

「オーニソロジー」のキーはGなのですが、
FΔ7のコードのところでは転調していて、
Fのメジャースケールを使っています。

①のフレーズは、F音からの下降フレーズで、
D(6th)ではなくD♭(♭6th)を使っているのが工夫の一手でしょうか。
ちょっとハズす感じがジャズっぽいです。

②のフレーズの1小節目は、F、A、Cとアルペジオで急上昇したあとに、
E、E♭、D、D♭、Cとクロマチックでゆるやかに下降するところが決め手でしょう。


■m7のフレーズ
・Gm7
Gm701
(クリックで拡大)

・Fm7
Fm7
(クリックで拡大)

「オーニソロジー」のキーはGですが、このGm7はFに転調しています。
キーFのⅡということになるので、
スケールでいうと、Gのドリアンなのでしょうが、要するにFのメジャースケールです。

同じくFm7はE♭に転調しています。
キーE♭のⅡということになるので、
スケールでいうと、Fのドリアンなのでしょうが、要するにE♭のメジャースケールです。

*譜面のタブ譜は同じフレーズを2つのポジションで書いてあります。


■Gのキーの1小節単位の短いⅡ‐Ⅴ(Am7/D7)
Am7D7
(クリックで拡大)


今回の「オーニソロジー」の演奏が入っているチャーリー・パーカーのダイアル時代の全録音集
Complete Dial SessionsComplete Dial Sessions
Charlie Parker

Jazz Classics 1996-07-23
売り上げランキング : 617065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



〝ベースで弾くチャーリー・パーカー・フレーズ集〟第2弾です。
今回は「ムース・ザ・ムーチェ」のソロフレーズを取り上げます。

今回も同じくCharlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos .という定番のチャーリー・パーカー・コピー集を利用しています。

Charlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos . Transposed to Concert KeyCharlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos . Transposed to Concert Key
Charlie Parker

Hal Leonard Corp 1987-02-10
売り上げランキング : 91436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


キーはB♭メジャーなので、
ベースでチャーリー・パーカーの「コンファメーション」のフレーズを弾いてみる
「FのキーのⅣ(B♭△7)のフレーズ」の楽譜中に載せておいたスケールの譜面や、
ベースのコード&スケールをチェック&印刷でご紹介したfretboard printerで、
B♭のメジャースケールを練習しておくと取り組みやすいと思います。


■B♭のキーの1小節単位の短いⅡ‐Ⅴ(Cm7/F7)
Cm7F701
(クリックで拡大)

*ベースで弾いてみた音声ファイル
Cm7/F7①
Cm7/F7②
Cm7/F7③
Cm7/F7④

■B♭のキーのⅠ(トニック)のフレーズ
B♭
(クリックで拡大)

*ベースで弾いてみた音声ファイル
B♭①
B♭②


今回気づいたことは、前回「コンファメーション」で扱ったフレーズと同じ音使いやリズム型が
この「ムース・ザ・ムーチェ」の演奏でも出てくることです。

つまり、チャーリー・パーカーといえども、
ひらめきだけでアドリブソロをやっているわけではなく、
練習を積み重ねて作り上げたフレーズをその場に応じて使っているということでしょう。

例えば、Cm7/F7②のF7の部分のフレーズは
「コンファメーション」の「FのキーのⅣ(B♭△7)のフレーズ」の①の1~2拍目とまったく同じ。

B♭①の後半は、「コンファメーション」
「FのキーのⅣ(B♭△7)のフレーズ」の①の3~4拍目とまったく同じ。

B♭②のリズム型は、音こそ違うものの、「コンファメーション」
「Fのキーの1小節単位の短いⅡ‐Ⅴ(Gm7/C7)」 の②のリズム型と同じ。

Cm7/F7②の3~4拍目とB♭①の3~4拍目を組み合わせれば、
「コンファメーション」の「FのキーのⅣ(B♭△7)のフレーズ」の①の
1~4拍目のフレーズができてしまいます。


*今回の「ムース・ザ・ムーチェ」が入っているチャーリー・パーカーのダイアル時代の全録音集
Complete Dial SessionsComplete Dial Sessions
Charlie Parker

Jazz Classics 1996-07-23
売り上げランキング : 617065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いつもウォーキングベースラインを作ることに一生懸命で、
あまりアドリブ・ソロの練習にまでは手が回らないのですが、
ちっとはましなソロができたらいいな、と最近は思うようになりました。

どうせやるなら最高のアドリブ・フレーズを、と考えて、
チャーリー・パーカーのフレーズから、
ベースで無理なく弾けそうなものを集めて勉強してみることにしました。

幸い、いまはCharlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instrumentsという
ありがたいチャーリー・パーカー・コピー集が出ているので、
この教本を利用しながら少しずつやっていくことにします。


Charlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos . Transposed to Concert KeyCharlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos . Transposed to Concert Key
Charlie Parker

Hal Leonard Corp 1987-02-10
売り上げランキング : 91436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本日は「Confirmation コンファメーション」より
いくつかフレーズを抜き出してみました。

キーはFなので、まずFのイオニアンのスケール(ただのメジャースケールですが)
のポジションを3つ練習しておくことにします。

■Fのメジャースケール
Fメジャースケール
(クリックで拡大)

■Fのキーの1小節単位の短いⅡ‐Ⅴ(Gm7/C7)
Gm7C701
(クリックで拡大)

*ベースで弾いてみた音声ファイル
Gm7/C7①
Gm7/C7②
Gm7/C7③


■FのキーのⅣ(B♭△7)のフレーズ
B♭△7
(クリックで拡大)

*ベースで弾いてみた音声ファイル
B♭△7①
B♭△7②

FのキーのⅣに当たるB♭△7は、
理論書にはリディアン・スケールを使うなどと書かれていますが、
上の2つのフレーズでは転調と考え、B♭のメジャースケールが使われています。
というか、そういうケースのほうが多いような気がします。
なにせ神様チャーリー・パーカーがそうしているのですから。

B♭のメジャースケールで構成されたアドリブということは、
B♭のキーのトニックのフレーズにもそのまま使えるということです。

譜面にB♭のメジャースケールも載せておきましたので参考にしてください。
チャーリー・パーカーはこのメジャースケールの音だけを忠実に使って
素晴らしいアドリブ・フレーズを奏でています。


この「コンファメーション」が入っているチャーリー・パーカーのヴァーヴ時代の全録音集
Bird: Complete Charlie Parker on VerveBird: Complete Charlie Parker on Verve
Charlie Parker

Polygram Records 1988-09-19
売り上げランキング : 129604

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ベースでチャーリー・パーカーの「ムース・ザ・ムーチェ」のフレーズを弾いてみるに続く