レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ライル・リッツというベーシストがいるのですが、
ジャズファンで知っている人はあまりいないかもしれません。
ベーシストといってもスタジオ・ミュージシャンで、
コンサートやライブで活躍したベーシストではありません。
しかし、フランク・シナトラやビーチ・ボーイズ、モンキーズ、リンダ・ロンシュタットなど、
大物歌手のレコーディングに参加していた一流スタジオ・ミュージシャンです。
そして、ライル・リッツのもう一つの顔がジャズ・ウクレレ奏者。
なにしろ、1950年代には、バーニー・ケッセルの薦めで、
名門Verveより2枚のジャズ・ウクレレ・アルバムを出したことがあるくらいなのです。

Lyle Ritz - Tonight you belong to me


上の動画で、軽やかなコードワークで伴奏をつけているおじいさんがライル・リッツです。
当ブログ管理人は、若い頃アルバイトでテレビの洋楽番組の構成を手伝っていたことがあるのですが、
その時、プロデューサーからこんなのもあるんだよと言って聞かせてもらったのが、
ライル・リッツのジャズ・ウクレレ・アルバムでした。
ウクレレでこんなことまでできるんだとビックリ仰天した記憶があります。
のちに自分もウクレレをやるようになったのは、牧伸二さんとライル・リッツの影響です。

LYLE RITZ


上はファースト・アルバムのHow About Uke よりRITZ CRACKERとLITTLE GIRL BLUEの2曲のメドレー。
なお、ベースは名手レッド・ミッチェルです。


★ライル・リッツのVerveのジャズ・ウクレレ・アルバム
ライル・リッツ・プレイズ・ジャズ・ウクレレ ? ハウ・アバウト・ウケ??(紙ジャケット仕様)ライル・リッツ・プレイズ・ジャズ・ウクレレ 「ハウ・アバウト・ウケ」(紙ジャケット仕様)
ライル・リッツ&ヒズ・ジャズ・ウクレレ レッド・ミッチェル

ユニバーサル ミュージック クラシック 2003-03-26
売り上げランキング : 434935

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

50th ステイト・ジャズ (紙)50th ステイト・ジャズ (紙)
ライル・リッツ&ヒズ・ジャズ・ウクレレ

ユニバーサル ミュージック クラシック 2003-03-26
売り上げランキング : 390217

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/106-43b4fd1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: