レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

レッド・ミッチェルといえば、出しゃばらないベーシストらしいベーシスト。
サポートに徹した堅実なプレーで1950年代からひっぱりだこ、参加アルバムはなんと1000を越えるという白人屈指のジャズベーシストです。
わが家にあるCDをざっとチェックしただけでも、ハンプトン・ホーズは言うに及ばず、
ビリー・ホリディ、チェット・ベーカー、ジュリー・ロンドン、ジャッキー・アンド・ロイ、アンドレ・プレヴィン、ジェリー・マンガン、ジム・ホール、バーニー・ケッセル、ジョー・パス……と、
おびただしい数のアルバムに名を連ねていることがわかります。
ただ、そんなふうに大活躍したわりに、どちらかというと、渋くて地味な存在で、
ふだんあまり思い出すことのないベーシストといえるでしょう。

Clark Terry & Red Mitchell - Take The "A" Train


上の動画は1987年頃、レッド・ミッチェルがジャズクラブでクラーク・テリーと共演したもの。
こんなふうにベースが弾けたらいいなと思う、リラックスした素敵なプレーです。
ところで、レッド・ミッチェルは1960年代にベースを5度チューニングに変えるという革命的なことをしています。
ベースの弦は低いほうから普通E‐A‐D‐Gと4度間隔で並んでいるのですが、これをC‐G‐D‐Aと5度間隔で並べたのです。
それによって音域を広げ、サウンドも良くしようという試みでしょうが、
当ブログ管理人はやったことがないので、どんな感じか皆目わかりません。

'It's Allright With Me' by Lee Konitz & Red Mitchell


こちらは40年ほど前、当ブログ管理人が学生時代に発表されたリー・コニッツとのデュオ・アルバムの中の1曲。
レッド・ミッチェルが弾く軽やかでシャレたメロディラインを何度聴いたことでしょうか。
レッド・ミッチェルはベースの他、ピアノも弾けば、歌もうたってしまうという多才な人。
派手さはありませんが、好きなジャズ・ベーシストです。


★レッド・ミッチェルの参加アルバム
◎ご存じハンプトン・ホーズの名盤中の名盤
Trio 1Trio 1
Hampton Hawes

Ojc 2002-01-25
売り上げランキング : 97183

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
*9曲目の「These Foolish Things」では、レッド・ミッチェルがメロディをとって、そのままアドリブ・ソロに入りますが、
ジャズベースのコピー集The Bass Tradition: Past Present Futureにメロディとアドリブ・ソロのコピー譜が載っています。


◎同じくハンプトン・ホーズの傑作
オールナイト・セッション Vol.2オールナイト・セッション Vol.2
エルドリッジ・ブルーズ・フリーマン(ds) ジム・ホール(g) ハンプトン・ホーズ(p) レッド・ミッチェル(b)

ユニバーサルミュージック 2010-06-16
売り上げランキング : 803983

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
*上記The Bass Tradition: Past Present Futureに、5曲目の「Will You Still Be Mine?」と6曲目の「April In Paris」のソロのコピー譜、
同じくジャズベースのコピー集Classic Jazz Masters: Bass Standardsに、1曲目の「I'll Remember April」のベースラインのコピー譜が載っています。


◎個人的に懐かしくて愛聴盤のリー・コニッツとのデュオ
アイ・コンセントレイト・オン・ユーアイ・コンセントレイト・オン・ユー
リー・コニッツ&レッド・ミッチェル

ビデオアーツ・ミュージック 2007-12-18
売り上げランキング : 461203

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


◎ジョー・パスとのデュオ
Live in StockholmLive in Stockholm
Joe Pass Red Mitchell

Polygram Records 1993-03-23
売り上げランキング : 289917

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/129-7eff8b16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: