レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ニールス・ペデルセンのベースラインが大好きなので、
インターネットや本でコピー譜をさんざん探したのですが、
ほとんど見つかりませんでした。

ならばと、自分でコピーすることにしました。

今回は「バイ・バイ・ブラックバード」。
このジャズ・スタンダード曲のサビのコード進行、
F7からE7、E♭7、D7
と半音で降りてくるところが大好きなのです。

元ネタはロイ・エルドリッジのMontreux 77に入っているBye Bye Blackbird。

Montreux 77Montreux 77
Roy Eldridge

Ojc 1990-06-30
売り上げランキング : 235359

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「ノーマン・グランツ・パブロ・ジャズ・シリーズ イン・モントルー’77」
というDVDには、同じBye Bye Blackbirdが映像で入っています。

ノーマン・グランツ・パブロ・ジャズ・シリーズ イン・モントルー’77 [DVD]ノーマン・グランツ・パブロ・ジャズ・シリーズ イン・モントルー’77 [DVD]
ロイ・エルドリッジ・グループ

ヤマハ・ミュージック・アンド・ビジュアルズ 2004-12-15
売り上げランキング : 152134

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


☆4ビートになって最初の1コーラス目のコピー譜です。
バイバイブラックバード01
(クリックで拡大)
バイバイブラックバード02
(クリックで拡大)
バイバイブラックバード03
(クリックで拡大)

*1拍3連が多すぎて進行がわかりにくいので、1つ減らしています。
*タブ譜はエレキベース用です。

☆このウォーキングベースラインを自分で演奏してみた音声ファイル
(使用楽器はフェンダーのフレッテッドのジャズベース)

☆「バイ・バイ・ブラックバード」と同様のコード進行の1例
バイバイ01
(クリックで拡大)

バイバイ02
(クリックで拡大)

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/16-04d6916b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
太宰治の未完にして絶筆となった「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語。1話が50人だけのために書かれた「ゆうびん小説」が、いまあなたのもとに。「...
2011/06/17(金) 18:23:05 | 粋な提案