レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ポール・チェンバースのウォーキングベースから学ぶなら②で少し紹介しましたが、
THE BASS TRADITIONは、主にベースのアドリブソロを集めた楽譜集で、
ジャズベースのソロを勉強する者にとっては大変ありがたい本です。

ナーディス

表紙には36曲のコピー譜を集めてあると謳っていますが、
これはちょっと不正確です。
実際には、ロン・カーターの
「ナウズ・ザ・タイム」(E♭で演奏)など、
ベースラインだけが採譜されている曲もあります。
とはいえ、ほとんどはジャズベースのアドリブソロです。

曲目リスト
basstradition
レイ・ブラウン、ポール・チェンバース、レッド・ミッチェル、スコット・ラファロ、
サム・ジョーンズ、ロン・カーター、リチャード・デイビス、エディ・ゴメス、
ニールス・ペデルセン、スタンリー・クラーク、ジョージ・ムラーツなどなど、
著名なベーシストが網羅されています。

手に入りにくいニールス・ペデルセンのコピー譜が収められていることは、
自分のようなファンにとってはうれしい限りです。
「ブルース・フォー・ドルテBlues For Dorte」という
B♭のブルースのアドリブソロです。
スタン・ゲッツのライヴ・アット・モンマルトルに収録されています。

ブルースフォードルテ


The Bass Tradition: Past Present FutureThe Bass Tradition: Past Present Future
Todd Coolman

Jamey Aebersold Jazz Inc 1985-05
売り上げランキング : 464109

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/32-f860ea7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: