レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

「ベース奏法クリニック」(水野正敏著 シンコー・ミュージック)という
教則本の後半の付録のコーナーに
「ウォーキング・ライン奏法」があります。
ビックリするくらい簡単なウォーキングベースの作り方が載っているので紹介します。

ウォーキングライン


☆4分の4拍子で1小節にコード1つの場合
1拍目はルート音、
2拍目と3拍目はお好みのコード構成音、
4拍目は次のコードに1番近いコード構成音。

☆4分の4拍子で1小節でコードが二拍ずつ変わる場合
1拍目はルート音、
2拍目は次のコードに1番近いコード構成音。
3拍目はルート音、
4拍目は次のコードに1番近いコード構成音

ルールはこれだけなのです。
本ではわかりやすくCとAmのキーを使って例をあげています。

ここでは、この方法を使ってジャズの基礎Fのブルースの
ウォーキングラインを作ってみます。

■Fのブルースのコード進行はこちらにあります。

■まずはコードの構成音の確認
F7=F、A、C、E♭
B♭7=B♭、D、F、A♭
Am7=A、C、E、G
D7=D、F♯、A、C
Gm7=G、B♭、D、F
C7=C、E、G、B♭


■最初の4小節のベースラインを作ります。
①1拍目にルートを配置。
F、 、 、 |B♭、 、 、 |F、 、 、 |F、 、 、 |

②4拍目に、次の小節のコードのルート音に
1番近い音を配置(上からでも下からでもOK)。
F、 、 、A|B♭、 、 、D|F、 、 、A|F、 、 、A|

③2、3拍目を適当にコード音で埋める。
F、A、C、A|B♭、D、F、D|F、E♭、C、A|F、F、C、A|

譜面にすると
Fブルース1-4
(クリックで拡大)

演奏してみると→聴く


■中間の4小節のベースラインを作ります。
①1拍目にルートを配置。
B♭、 、 、 |B♭、 、 、 |F、 、 、 |A、 、D、 |

②4拍目に、次の小節のコードのルート音に1番近い音を配置
(上からでも下からでもOK)。
B♭、 、 、A♭|B♭、 、 、D|F、 、 、C|A、C、D、F♯|

③2、3拍目を適当にコード音で埋める。
B♭、D、F、A♭|B♭、A♭、F、D|F、A、F、C|A、C、D、F♯|

譜面にすると
Fブルース5-8
(クリックで拡大)

演奏してみると→聴く


■最後の4小節のベースラインを作ります。
①1拍目にルートを配置。
G、 、 、 |C、 、 、 |F、 、D、 |G、 、C、 |

②4拍目に、次の小節のコードのルート音に
1番近い音を配置(上からでも下からでもOK)。
G、 、 、D|C、 、 、E|F、C、D、F♯|G、D、C、E|

③2、3拍目を適当にコード音で埋める。
G、D、G、B♭|C、G 、C、E|F、C、D、F♯|G、D、C、E|

譜面にすると
Fブルース9-12
(クリックで拡大)

演奏してみると→聴く


■12小節まとめてみると
Fブルースfull
(クリックで拡大)

通して演奏してみると→聴く

ほんとに簡単にできてしまうものですね。


水野正敏が斬る!ベース奏法クリニック CD付水野正敏が斬る!ベース奏法クリニック CD付
水野 正敏

シンコーミュージック 2003-09-30
売り上げランキング : 64743

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この「ベース奏法クリニック」には、1拍半フレーズや3拍フレーズといった
スリップ・ビートの数え方の専門的な説明もあったりして、
初歩のベースを身につけたあとで読むのにいい中上級者向けの教本です。
動きの鈍い左手の薬指、小指のユニークな鍛え方は初級者にも役立つでしょう。
地味ながら、実践的な内容で、隠れた名著ではないかと思います。

目次
ベース奏法目次
(クリックで拡大)
関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/33-e8c61813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: