レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ウォーキングベースのパターンを覚えてハメ込む①の続きです。

前回まとめた①から⑧までのベースラインのパターンをハメ込んで
12小節のブルースのウォーキングラインを作ってみます。

この「ウォーキング・ジャズ・ラインforベース」(エー・ティ・エヌ)のパターンを利用しながら、
ウォーキングラインを次のコードの音につなげる6つの方法も使えば、
さらにスムーズにウォーキングベースが作れるのですが、
ここではパターンをそのまま使うことにします。


■①から⑧までのパターンをほどよく使って
B♭のブルースを4小節ずつ作っていきます。


■最初の4小節の譜面
B♭ブルース01
(クリックで拡大)

音声ファイル→聴く

☆1小節目は⑦のパターン
1→♭7→6→5
*楽譜ソフトの仕様で、譜面ではA♭がG#と表記されてしまっています。
G#=A♭です。

☆2小節目は①のパターン
1→3→5→3
*楽譜ソフトの仕様で、譜面ではE♭がD#と表記されてしまっています。
D#=E♭です。

☆3小節目は③のパターン
1→2→♭3→3
*楽譜ソフトの仕様で、譜面ではA♭がG#と表記されてしまっています。
G#=A♭です。

☆4小節目は⑦のパターン
1(8)→♭7→6→5
*楽譜ソフトの仕様で、譜面ではA♭がG#と表記されてしまっています。
G#=A♭です。


■中間の4小節の譜面
B♭ブルース02
(クリックで拡大)

音声ファイル→聴く

☆5小節目は⑤のパターン
1→2→3→5
*楽譜ソフトの仕様で、譜面ではE♭がD#と表記されてしまっています。
D#=E♭です。

☆6小節目は①のパターン
1→3(dimの場合は♭3)→5(dimの場合は♭5)→3(dimの場合は♭3)

☆7小節目は②のパターン
1(8)→6→5→3

☆8小節目は⑧のパターン
1(8)→♭7→5→♭5
*楽譜ソフトの仕様で、譜面ではD♭がC#と表記されてしまっています。
C#=D♭です。


■最後の4小節の譜面
B♭ブルース03
(クリックで拡大)

音声ファイル→聴く

☆9小節目は⑤のパターン
1→2→3(マイナーコードの場合は♭3)→5
*楽譜ソフトの仕様で、譜面ではE♭がD#と表記されてしまっています。
D#=E♭です。

☆10小節目は⑥のパターン
1(8)→3→6→5

☆11小節目は④のパターン
1→3→4→#4

☆12小節目は③のパターン
1(8)→2→#2→3


■まとめて12小節
B♭ブルース1コーラス
(クリックで拡大)

B♭のブルースの音声ファイル(1コーラス)→聴く

なお、「ウォーキング・ジャズ・ラインforベース」には、
以下のように20曲、
ジャズスタンダードのコード進行に沿ったベースラインが載っています。
お手本のCDで演奏も聴けます。

・Take The 'A' Train
・So What
・Autumn Leaves
・All Blues
・Someday My Prince Will Come
・Just The Way You Look Tonight
・Night and Day
・All of Me
・Satin Doll
・How High The Moon
・Out Of Nowhere
・Days Of Wine And Roses
・All The Things You Are
・Donna Lee
・There'll Never Be Another You
・What Is This Thing Called Love
・Stella by Starlight
・A Night in Tunisia
・Cherokee
・Giant Steps

サテンドール



ジャズベースの基本 ウォーキングジャズラインforベースジャズベースの基本 ウォーキングジャズラインforベース
Jay Hungerford

エー・ティ・エヌ 2002-09-20
売り上げランキング : 274664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/47-de2282ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: