レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

以前Jim Stinnettジム・スティネットというアメリカのベーシストが編んだ
ポール・チェンバースのアドリブソロ・コピー集3部作を紹介しました。

ありがたいことに、このうちの何曲かのサンプルを
著者自身がホームページで提供してくれています。
サンプルなので、全コーラスでない曲もありますが、
なにしろポール・チェンバースのアドリブソロ譜です、
もらっておかない手はありません。

ジム・スティネットのホームぺージBOOKSというコーナーを開くと、
上のほうに教則本のタイトルが並んでいます。
ポール・チェンバースのアドリブ集のタイトルは、THE MUSIC OF PAUL CHAMBERS、
Arcology、THE MUSIC OF PAUL CHAMBERS VOLUME3の3冊です。
それぞれのタイトルをクリックすると、紹介コーナーに移動。
そこにあるsample pagesをクリックすると、PDFファイルのアドリブ譜が出てきます。

第1巻のTHE MUSIC OF PAUL CHAMBERSからは、
Castle Rock(B♭のブルース、3コーラス分)

第2巻のArcologyアルコロジーからは、
September In The Rain
Walkin (Fのブルース、3コーラスの途中まで)
Winter Wonderland
This Can't Be Love (1コーラス)

第3巻のTHE MUSIC OF PAUL CHAMBERS VOLUME3からは、
Tadd's Delight
Tadd's Delight(alternate take)
Minor Rundown(1コーラス)
Almost Like Being In Love(アドリブソロの最後の4小節が載っていません)
Epistrophy

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/48-b59f5603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: