レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

トミー・フラナガン・トリオの「ティン・ティン・ディオ」の演奏です。
ベースはトミー・フラナガン・トリオのレギュラー・ベーシストを
長らく務めたジョージ・ムラーツ。



少々長い演奏なのですが、
注目は4分20秒過ぎに始まり、2分半ほど続くベース・ソロ。
リリカルなフレーズ、ハイポジションの音のきれいさ、
テクニックを見せびらかすでもなくさりげなく弾いているのですが、
ほんとにすごい演奏だと思います。
当ブログ管理人は、自分がベースの癖に、
ベースソロを聴くと結構眠くなったりしてしまうのですが、
ジョージ・ムラーツは別格。聴き惚れてしまいます。


★ジョージ・ムラーツがベースを弾いているトミー・フラナガンのアルバム
エクリプソエクリプソ
トミー・フラナガン

コロムビアミュージックエンタテインメント 2009-05-20
売り上げランキング : 35961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Ballads & BluesBallads & Blues
Tommy Flanagan

Enja 2008-07-01
売り上げランキング : 238765

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
*デュオ・アルバムです


ジョージ・ムラーツのベースプレイに初めて接したのは、
1970年代にサド・ジョーンズ=メル・ルイスの
ビッグ・バンドの一員として来日したときでした。



これはたぶん1974年(?)、
サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラが
来日したときの演奏です。
若き日のディー・ディー・ブリッジウォーターが
「バイ・バイ・ブラックバード」を熱唱しています。
ベーシストはほとんど映っていませんが、ジョージ・ムラーツです。

ビックバンドのベースというと、
ダンスのバックを務めていたスイングバンド時代の名残りだと思うのですが、
当時はまだボンボンとはずむような踊りやすいリズムをとるのが相場でした。
ところが、ジョージ・ムラーツのベースは、1音1音がのびやかに伸び、
まるでモダンなコンボバンドの一員のような演奏だったのです。
ビック・バンドなのに、途中でコンボのようにベースソロまでとっていました。
自分はいっぺんでジョージ・ムラーツの大ファンになってしまったのでした。

ライブ・イン・トーキョー(紙ジャケット仕様)ライブ・イン・トーキョー(紙ジャケット仕様)
サド・ジョーンズ=メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ

コロムビアミュージックエンタテインメント 2005-12-21
売り上げランキング : 262830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

近年ではハンク・ジョーンズ・トリオのベーシストとして
東京JAZZなどにも参加していましたね。


ジャズ・ベーシストといっても、いろいろなタイプがいて、
チャーリー・ミンガスのように自分が前面に出て
何がなんでもゴールを決めようとするタイプもいます。
ニールス・ペデルセンなどはアシストしながらも、
あわよくば自分もゴールを決めようというタイプかもしれませんね。
ジョージ・ムラーツは、以前取り上げたサム・ジョーンズなどと同様、
決して自分でゴールを決めようなんて思わないタイプでしょう。
出しゃばらずに堅実にサポートし、
ゴールを決めるFWのソリストのアシストに徹するMF的ベーシスト。
いちばんベーシストらしいベーシストといえるでしょう。

ジョージ・ムラーツのコピー譜が市販本にいくつかあったので、
紹介しておきます。

★★Improvisers Bass Methodに2曲
Improvisers Bass MethodImprovisers Bass Method
Chuck Sher

Sher Music Co 1979-06
売り上げランキング : 139943

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●Mike NockのアルバムIn Out And Aroundより
「イン・アウト・アンド・アラウンド In Out And Around」(ウオーキングベースライン)

●トミー・フラナガンのアルバム「エクリプソ」より「リラクシン・アット・カマリロ」
(チャーリー・パーカー作曲のCのブルースのウォーキングベースライン)
カマリロ



★★The Bass Tradition: Past Present Futureに1曲
The Bass Tradition: Past Present FutureThe Bass Tradition: Past Present Future
Todd Coolman

Jamey Aebersold Jazz Inc 1985-05
売り上げランキング : 45984

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●トミー・フラナガンのアルバム「エクリプソ」より「コンファメーション」(ソロ)
コンファメーション



★★コンセプト・フォー・ベース・ソロに1曲
コンセプト・フォー・ベース・ソロ 2CD付コンセプト・フォー・ベース・ソロ 2CD付
Mark Johnson Chuck Sher

エー・ティ・エヌ 2002-12-20
売り上げランキング : 536269

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●トミー・フラナガンのアルバムBallads & Bluesより「BLUES FOR SARKA」(ソロ)
Sarka

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
ムラーツのベースが
テンゲン様、今晩は。

今日は、とても興味深いブログをご紹介したいと思います。
ジョージ・ムラーツとも深い関りのあるブログの主様が
とても楽しいサイト(Interlude)を運営されています。
私もこのサイトで色々とお勉強させていただいてます。

ジョージ・ムラーツのベースが売りに出ているようです。

http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/
2011/11/19(土) 07:07 | URL | まん丸クミ #e.jAS9Og[ 編集]
Re: ムラーツのベースが
まん丸クミ様

貴重な情報、ありがとうございます。
250万円のベースは、ちょっと手が出せませんね。
Interludeさんの記事で、ジョージ・ムラーツが
重傷を負ったことも知りました。
早く良くなってまた素晴らしいベースプレイを聴かせてほしいです。

> テンゲン様、今晩は。
>
> 今日は、とても興味深いブログをご紹介したいと思います。
> ジョージ・ムラーツとも深い関りのあるブログの主様が
> とても楽しいサイト(Interlude)を運営されています。
> 私もこのサイトで色々とお勉強させていただいてます。
>
> ジョージ・ムラーツのベースが売りに出ているようです。
>
> http://jazzclub-overseas.com/blog/tamae/

2011/11/19(土) 17:19 | URL | テンゲン #lMBqkpAs[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/64-d53a3643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: