レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ウォーキング・ベースの常套句 と聞くと、
このコード進行にはこんなベースラインを使うのが常套手段、
というようなニュアンスを感じます。
何せ「句」というくらいですから、短いパターンという感じです。

ウォーキングベースの常套句DVD

しかし、ウォーキング・ベースの常套句 というDVDは、
メジャー・ブルース、マイナー・ブルース、4ビートのスタンダード曲、ワルツ、
リズムチェンジ(循環モノ)、モード曲、バラードと、
主だったジャズの楽曲のウォーキングベースラインを
ジャズ・ベーシストの水野正敏氏が1コーラスか2コーラスずつ次々に披露していくというもの。
しかも、基礎編と応用編に分かれていて、応用編は常套句どころか、
水野氏だけしか使えない破天荒なベースラインで、応用がききそうもないもの。

常套句集ではなく模範演奏集に近いもので、
DVDを見ながらプロのベース演奏術を盗んだり、
ジャズの楽曲に一通り触れるという意味では役に立つでしょう。
が、ウォーキングベースの「常套句集」としては今1つ納得がいきません。


基礎編(左)と応用編(右)に分かれた付属のコピー譜
AutumnL
(タイトルはありませんが、明らかに「枯葉」のコード進行)

基礎編のほうは無茶のないオーソドックスなプレイで、
確かに暗記して使えそうなベースパターンが多いです。
妙な応用編など入れないで、基礎編をじっくり解説してほしかったところ。


MileS
(タイトルはありませんが、明らかに「マイルストーンズ」のモード進行)

著作権の関係からでしょうが、曲にはタイトルがつけられていません。
しかし、コード進行を見ると、「バイ・バイ・ブラックバード」「モリタート」
「A列車で行こう」「朝日のようにさわやかに」「枯葉」「マイルストーンズ」
「ミスティ」「いつか王子様が」「オール・ブルース」などであることは明らかです。

DVDの最後にはそれぞれの楽曲のベース抜きのカラオケが付いているので、
ベースラインはもちろん、アドリブの練習にも使えそうです。


ウォーキング・ベースの常套句 [DVD]ウォーキング・ベースの常套句 [DVD]
水野正敏

ビデオメーカー 2001-12-14
売り上げランキング : 79046

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ウォーキング・ベースの常套句 DVD版[DVD] (<DVD>)ウォーキング・ベースの常套句 DVD版[DVD] (<DVD>)
水野 正敏

リットーミュージック 2005-05
売り上げランキング : 622031

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

*上がDVDのカテゴリに入っている商品、下が本のカテゴリーに入っている商品。
DVDは値引きOKですが本はNOであるためのAmazonならではの価格設定で、
中身は同じなのにDVDのほうが安くなっています(2012年3月31日現在)。
知らないで、本として買ってしまう人は明らかに損するのですが、
この2重の価格設定はどうなんでしょう?

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/71-bcc0265c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: