レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

11月にポール・マッカートニーが来日して、
しかも歌うのはビートルズナンバー中心、と聞いて、
「もう二度と生では聴けないかもしれないし、行ってみたいな。
でも、チケットは高いし、とるのも大変そうだね」
そんな話を子どもたちにしていたら、
先日突然プレゼントされたのが、このチケット。

ポール・マッカトニー公演チケット
2013年11月21日(木)のポールのコンサートのチケットです。

いやはや、なんとありがたいことなのでしょう。
太宰治は「親はあっても子は育つ」とのたまいましたが、
ホントにいい子に育ってくれたものです。

当ブログ管理人はジャズベースが好きとはいえ、
もともとはビートルズシネクラブというファンクラブに入っていたくらい
ビートルズが大好きで、
ベースを始めたきっかけはポール・マッカトニーのヘフナーの
バイオリン型ベースに憧れてのことでした
40年以上前のグレコのバイオリン型ベース参照)。

こちらは40数年前のビートルズシネクラブの会員証
ビートルズシネクラブ会員証

そういえば、ポール・マッカートニーが去年(2012)出したCDはジャズアルバムでしたね。
ポール・マッカトニーがウッドベースで4ビートのジャズベースを弾く姿を見てみたいものですが、
ジャズは歌うだけのようです。

・通常盤より2曲多く、ジャズバラードの名曲My One And Only Love も入っているデラックス盤
Kisses on the Bottom -Deluxe-Kisses on the Bottom -Deluxe-
Paul Mccartney

Concord 2012-02-06
売り上げランキング : 7718

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


昔リンゴ・スターもジャズアルバムを出したことがありました。
カントリーっぽいジャズでしたね。
ポールと同じ曲(「バイ・バイ・ブラックバード」)を歌っているので、聴き比べるのも面白いです。
ポール・マッカトニーはバースから入ってしっとりと、
リンゴ・スターは賑やかに軽快に歌っています。

Sentimental JourneySentimental Journey
Ringo Starr

Capitol 1995-01-01
売り上げランキング : 145256

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ついでなので、我が家にあるビートルズの
ジャズ系カバーアルバムをピックアップしてみました。
BGMっぽいのが多いですが、それはそれでいいものです(含ボサノバ)。

・バディ・リッチの「ノルウェーの森」は原曲の静けさを破る迫力のビッグバンドサウンド、
カッコいいです!
Blue Note Plays the BeatlesBlue Note Plays the Beatles
Various Artists

Blue Note Records 2004-06-14
売り上げランキング : 276030

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ビートルズ・イン・ジャズビートルズ・イン・ジャズ
ロマンテック・ジャズ・トリオ

ヴィーナスレコード 2010-01-19
売り上げランキング : 111101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MEMORIES OF LIVERPOOL~ビートルズ讃歌~MEMORIES OF LIVERPOOL~ビートルズ讃歌~
ヨーロピアン・ジャズ・トリオ

トライエム 2001-05-23
売り上げランキング : 242382

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・マッコイ・タイナーがワルツで演奏する「シーズ・リーヴィング・ホーム She's Leaving Home」が美しいです。
これにジョン・コルトレーンが加わったら最高でしょうね……
ビートルズ・セレブレイション !ビートルズ・セレブレイション !
オムニバス ジョージ・ベンソン マッコイ・タイナー グルーブ・コレクティブ ダイアナ・クラール トム・スコット ラムゼイ・ルイス

MCAビクター 1995-09-27
売り上げランキング : 226922

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Jazz & BeatlesJazz & Beatles
Jazz & Beatles

Music Brokers Arg 2010-07-20
売り上げランキング : 21270

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・サラ・ヴォーンがファンクっぽいビートに乗ってビートルズを歌う、
そんな感じの珍しいアルバムです。
Songs of the BeatlesSongs of the Beatles
sarah vaughan

Atlantic / Wea 1987-11-10
売り上げランキング : 88992

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Bossa N BeatlesBossa N Beatles
Rita Lee

Random Music 2013-03-12
売り上げランキング : 101335

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・モニーク・キーサスの力の抜けた歌いっぷりがグッドで、愛聴盤です。
Liverpool BossaLiverpool Bossa
Monique Kessous

2007-10-16
売り上げランキング : 1016826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
あらあらとってもうらやましいです。
ポールのあのゴムマリのような躍動感あふれるベースプレイは、音色作りやフレージングなどすべてのジャンルのベースプレイヤーが参考にすべきであります。
2013/08/12(月) 21:42 | URL | わんわんわん #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/88-982ea12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: