レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

オスカー・ピーターソンがShe is what we call "serious."
(彼女はまさに〝本格派〟と呼ぶにふさわしい)、
レイ・ブラウンを思わせると絶賛したのが、
Brandi Disterheft(ブランディ・ディスターヘフト)。
名前が難しいので、日本のレコード会社はブランディDとしているようです。
カナダ出身の女性ジャズ・ベーシスト兼シンガーです。
まずはブランディDが〝本格派〟のモダンジャズ・ベーシストであることがうかがえる演奏、
南アフリカのネルソン・マンデラ元大統領に捧げた
「Blues For Nelson Mandelaブルーズ・フォー・ネルソン・マンデラ」の動画からどうぞ。

Blues For Nelson Mandela- Alex Minasian, Brandi Disterheft, Dwayne 'Cook' Broadnax at Dizzy's


ブランディD自身が作曲したスロー・ブルースです。
ピチカートによるノリのいいベースソロから、
ポール・チェンバースばりのアルコ(弓)のプレイ、
力強くモダンなウォーキングベースと、
ブランディDが4ビートの王道のごきげんなジャズベース演奏を聴かせてくれます。


*「ブルーズ・フォー・ネルソン・マンデラ」が入っているアルバム
グラティチュードグラティチュード
ブランディD

ユニバーサルミュージック 2013-05-21
売り上げランキング : 164794

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Whitney Houston Medley, Alex Minasian, Brandi Disterheft, Dwayne 'Cook' Broadnax, Rochester Fest


こちらはブランディDがホイットニー・ヒューストンの
「Saving All My Love For You(すべてをあなたに)」をワルツでジャズ演奏したもの。
昔のスタンダードナンバーばかりでなく、
こういう現代の曲のジャズアレンジもなかなかいいものですね。
新しいスタンダーナンバーとして積極的にどんどん取り上げられてほしいところです。

Brandi Disterheft's New Album "Second Side"


ブランディDは「カナダのエスペランサ・スポルディング」とも称されるとか。
このSecond Sideというアルバムの曲を聴くと、
4ビートジャズだけにとどまらないブランディDのそんな魅力の一端がうかがえます。

*少しポップなブランディD
Second SideSecond Side
Brandi Disterheft

Justin Time Records 2010-04-04
売り上げランキング : 307424

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


*こちらは本格派ブランディDのデビューアルバム
DebutDebut
Brandi Disterheft

CD Baby 2007-04-30
売り上げランキング : 361251

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/89-151a9fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: