レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

実はこんなベースも持っています。
ナナフシみたいな格好をしたエレクトリック・アップライトベースです。
ウッドベースを弾くと、家人からうるさいと言われるし、
あのウッドベースのウォーキングベースラインの重低音は
意外に近所迷惑かもしれないと思い、
これなら気がねなく練習できるだろうと購入したものです。
(アリアのSWB-LITE SLP)

エレクトリック・アップライトベース

しかし、もう年で手首の筋肉も固くなっているのに、
いきなり猛練習したのがイケなかったのか、
楽器奏者がよくなる手根管症候群という手の病気になってしまい、
それがいまだ治らず。
今ではアップライトベースで1コーラスも弾かないうちに手が痛くなり、
エレキベースしか弾けなくなってしまいました。
年をとると、何事も無理は禁物のようです。


エレクトリック・アップライトベースのジャズベーシストといえば、
第一にクリス・ミン・ドーキーが思い浮かびますが、
これはそのクリス・ミン・ドーキーの教則DVDアップライト・ベース奏法
クリス・ミン・ドーキーがこのDVDの中で使っているのは、
もちろん、トレードマークのヤマハのサイレントベースです。

アップライト・ベース奏法 [DVD]アップライト・ベース奏法 [DVD]

アトス・インターナショナル 2012-12-27
売り上げランキング : 64430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いちおう奏法解説となっていますが、
中身はといえば、
演奏よりもおしゃべりが多い感じです。
ベーシストの心構え、エレキベースとアップライトベースの違い、
ウッドベースに比べてエレクトリック・アップライトベースがいかに扱いやすいか、
ソロの構成の仕方など、ぺらぺらとよくしゃべるベースマンです。
途中、ジャズのウォーキングベースラインのお手本演奏も披露してくれます
(若干音程が怪しい?)。


*クリス・ミン・ドーキーのアルバム
Nomad DiariesNomad Diaries
Chris Minh Doky

EMI Europe Generic 2007-01-11
売り上げランキング : 82137

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Jazz Life : the Very Best of Chris Minh DokyJazz Life : the Very Best of Chris Minh Doky
Chris Minh Doky

EMI Import 2008-10-26
売り上げランキング : 204526

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Scenes From A DreamScenes From A Dream
Chris Minh Doky クリスミンドーキー

2010-09-29
売り上げランキング : 328450

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
失礼します。
一概には言えませんが、ひょっとしたら、ソリッドボディーのEUBは箱モノ(生コントラバスは勿論、少しでも箱構造のあるモノ。)より
右手の感触(反射)が硬く箱によるクッション効果?が無いため
(正にエレベが大きくなったような物ですから)
手指ほかに負担が大きい場合があるかもしれません。
憶測ですが、、、
何はともあれご自愛なさって御身お大事に。
2013/10/30(水) 20:27 | URL | 豆狸 #EvmDRqhQ[ 編集]
わんわんわんもこのモデルを所有しており、同じ問題にぶちあたったことがあります。左手が痛くて痛くてしょうがなかったのです。

原因としてはナットが高すぎたことがわかり、ちょうどよい高さのナットを自作したところ、この問題はなくなりました。

持ち運びはARIAのほうが圧倒的に楽でしたけれど、結局は楽器に肩がないのでハイポジションでのプレイに不自由を感じるようになりYAMAHAのSLB200を購入しました。

2013/11/06(水) 11:02 | URL | わんx3 #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/90-28f901e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック: