レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

以前またまた熱いジャズ漫画に夢中でご紹介したジャズ漫画「BLUE GIANT」。
世界一のジャズ・サックス・プレイヤーをめざす大(だい)のあの成長物語が、
10巻目で完結しました(日本編の完結です)。
日本最高峰のジャズクラブへの出演が決まりながらも……
としかいえないのですが、ほんとに衝撃的で、賛否両論あるようです。
当方としては、今後大がどうやって世界に羽ばたいていくのか、今からわくわくしています。

BLUE GIANT(10) (ビッグコミックス)BLUE GIANT(10) (ビッグコミックス)
石塚真一

小学館 2017-03-10
売り上げランキング : 100

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


*こちらは作中に出てくる曲を集めたコンピレーション・アルバムです
The Sounds of BLUE GIANTThe Sounds of BLUE GIANT
ハービー・ハンコック オムニバス

ユニバーサル ミュージック 2015-06-23
売り上げランキング : 13556

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

左手が手根菅症候群になり、つづいて左手の中指が腱鞘炎になってしまったということを、
このブログで何度か記したことがあります。
そのうち治るだろうとタカをくくっていたのですが、治るどころか、
こんどは左手の親指まで腱鞘炎に!
骨折しているのではないかと思うほど痛くて、キーボードを打つのもしんどい状態、ベースを弾くどころではない今日この頃です。
ジャズの方は、もっぱら聴くばかりなのですが、
最近YouTubeで見て、数十年前の青春時代を懐かしく思い出したものがあります。

Autumn Leaves - Bass Transcription sam jones (somethin' else cannonball adderley)


ご存じキャノンボール・アダレイのSomethin' Elseより超有名な「枯葉」です。
ベースは大好きなサム・ジョーンズ。
なぜ懐かしいかというと、ジャズベースで初めてスタンダード曲に挑戦したのが「枯葉」で、
このサム・ジョーンズのベースラインを必死に耳コピし、覚えて使ったからなのです。
あれから40年あまり、今じゃ、左手もすっかりイカれてしまい、ベースも弾けなくなってしまうとは…

Somethin' ElseSomethin' Else
Cannonball Adderley Sam Jones Hank Jones Art Blakey Miles Davis

Blue Note 1999-02-23
売り上げランキング : 4686

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ロン・カーターが「ジャズベースの技巧の歴史をこれほど広範囲にわたってまとめたものは初めてだ」と推薦の辞を寄せているのが、
The Jazz Bass Book: Technique and Tradition (Bass Player Musician's Library)
ロン・カーターのお言葉通り、ディキシーランド・ジャズ時代からスイング時代を経て、モダン・ジャズ時代に至るまで、
さまざまな年代のさまざまなジャズ・ベーシストをそのスタイルやテクニックとともに紹介している労作です。

*AMAZONにサンプルがあって、かなり詳しく内容がわかります。
The Jazz Bass Book: Technique and Tradition (Bass Player Musician's Library)The Jazz Bass Book: Technique and Tradition (Bass Player Musician's Library)
John Goldsby

Backbeat Books 2002-09-01
売り上げランキング : 32454

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

取り上げられているジャズ・プレーヤーは、正確に数えたわけではありませんが、70人ほどでしょうか。
おおよそ各プレーヤーごとにソロやベースラインの一部のコピーを載せて解説を加えるというスタイル。
レイ・ブラウンやポール・チェンバース、チャールズ・ミンガス、ロン・カーターといった大御所はもちろん、
チャーリー・パーカーとも共演していたスラム・スチュアートといったマニアックなベーシストも取り上げているところが凄いところ。
ただ、アメリカのジャス・ベーシスト中心で、ヨーロッパのニールス・ペデルセンやジョージ・ムラーツは簡単な紹介だけであっさり片付け、コピー譜もないのが少し残念。

本の後半はジャズペースのテクニックの教則本になっていて、全部ではありませんがCDに模範演奏が入っているので、勉強になります。
(CDには前半のヒストリー編の一部も入っています)。

去年の秋に複音ハーモニカ入門、目下のところ教則本に載っている昭和歌謡や唱歌を吹いているのですが、
ジャズファンとしては、ハーモニカのCDを聴くとなると、やはりジャズハーモニカが1番。
最近のお気に入りは、ビル・エヴァンスのアフィニティ
ビル・エヴァンスが亡くなる2年前、1978年の録音で、
ジャズハーモニカの巨匠トゥーツ・シールマンスと共演していることで有名です。

Toots Thielemans & Bill Evans - The Days Of Wine And Roses


Bill Evans trio + Toots Thielemans - Body & Soul


実は、このCD、ビル・エヴァンスのアルバムにしてはビル・エヴァンス本人の影が薄いように思われて、
これまでほとんど聴かずに棚にしまいっぱなしだったのですが、
自分がハーモニカを始めると、とたんに愛聴盤になってしまうのですから、勝手なものです。
ビル・エヴァンスのバンドの最後のベーシスト、マーク・ジョンソンのベースプレイも好調。
それにしてもビル・エヴァンスというピアニスト、スコット・ラファロをはじめ、チャック・イスラエル、ゲーリー・ピーコック、エディ・ゴメスなど、
それぞれ個性は違うものの、相棒としていつも良いベーシストを選んだものです。


★こちらはマーク・ジョンソンのジャズベースの教則本
コンセプト・フォー・ベース・ソロ 2CD付コンセプト・フォー・ベース・ソロ 2CD付
Mark Johnson Chuck Sher

エー・ティ・エヌ 2002-12-20
売り上げランキング : 683231

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
*10年ほど前に購入しましたが、当方には難しすぎて積んどく状態、プロをめざすハイレベルなソロの勉強用の教則本です。


★今は亡き巨匠同士の貴重な共演
アフィニティアフィニティ
ビル・エヴァンス(p、el-p)

ワーナーミュージック・ジャパン 2013-06-25
売り上げランキング : 51958

Amazonで詳しく見る
by G-Tools