レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2015/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャズのアドリブ練習用に、昔からツーファイブのフレーズ集がよく出ていますが、
ベース専用のものなんてお目にかかったことがありません。
と、思いきや、ありました!
洋書ですが、120 2-Bar ii-V Riffs for Bass (Mel Bay Presents the Frank Vignola Jazz Series)という教則本です。
タイトルを訳すと「ベースのためのツーファイブ・フレーズ 2小節単位で120個」。
こんなマニアックな本を出しても、買うのはジャズベースをやっているごく一握りの人間だけだと思うのですが、
さすがジャズ発祥の地アメリカだけあります。

120 2-Bar ii-V Riffs for Bass (Mel Bay Presents the Frank Vignola Jazz Series)120 2-Bar ii-V Riffs for Bass (Mel Bay Presents the Frank Vignola Jazz Series)
Frank Vignola

Mel Bay Pubns 2005-09-29
売り上げランキング : 1296788

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者はスタンダード曲のジャズベースのアドリブソロ譜が10曲でご紹介した
10 Bass Solos for Jazz Standards (Mel Bay Presents the Frank Vignola Jazz Series)と同じ人です。
内容は、全12キーのツーファイブ・フレーズが、各キー2小節単位で10個ずつ載っているというもの(計120個)。
同じフレーズを移調させて載せているのではなく、各キーでフレーズは別です。
見たところ、すべてツーファイブのファイブ(ドミナント)で終わるフレーズで、ワン(トニック)につながるフレーズは一つもなく、その辺が不満といえば不満。
CDは付いていませんが、タブ譜はあります。

Googleブックスにサンプルがあるので、参考にしてください。
キーがC、D♭、Dの3ページ分です。

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。