レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2015/12 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マルコ・パナシア(Marco Panascia)はニューヨーク在住のイタリア人ジャズ・ベーシストで、知る人ぞ知る的な存在の実力派ミュージシャン。
日本人ジャズ・ミュージシャンとも共演、来日もしています。
なかなかハイテクニックの持ち主ですが、この動画では、
エレキベースで気楽にジャムセッションを楽しんでいます。
仲良く演奏しているお相手のギターのおばあちゃんは、なんとキャロル・ケイ!
女性ベーシストの草分けで、1960年代から70年代にかけてスタジオミュージシャンとして数々のレコーディングに参加した伝説の人です。

Marco Panascia Carol Kaye: F Blues NAMM 2005


マルコ・パナシアは自分のホームページMarcoPanascia.comを持っていますが、
そこにチャールズ・ミンガスとオスカー・ぺティフォードのベースのコピー譜がmp3ファイル付で載せてあるで、興味のある方はどうぞTranscriptionsへ。
このホームページには著名人の名言集コーナーもあるのですが、
マイルス・デイビスの言葉がカッコいいのでご紹介しておきます。
"Do not fear mistakes. There are none."(ミスを恐れるな。ミスなんてものはないんだ)。
なお、ホームページによると、Panasciaの発音は正確にはパナシーアだということです。

Marco Panascia solo jazz bass Blues in F Charlie Parker


こちらはマルコ・パナシアがウッドベースを一人で本格的に弾いている動画。
Fのブルースのウォーキング・ベースラインを3コーラス、アドリブソロを5コーラス、最後にテーマ(チャーリー・パーカー作の「ビリーズ・バウンス Billie's Bounce」)を弾いています。

★マルコ・パナシアの参加アルバム
デイリー・リビング~ライヴ・アット・ザ・ブルーノートデイリー・リビング~ライヴ・アット・ザ・ブルーノート
エルダー・ジャンギロフ

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2006-05-23
売り上げランキング : 223361

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


イグジスタンスイグジスタンス
白崎彩子 マルコ・パナシア ルイス・ナッシュ

What’s New Records 2003-08-20
売り上げランキング : 431037

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ところで、冒頭の動画でマルコ・パナシアと共演しているキャロル・ケイですが、
1番有名なところでは、ザ・ビーチボーイズのレコーディングでベースを務めています。
ジャズ関係ではクインシー・ジョーンズのアルバムに参加、珍しいところではなんとジョー・パスとも共演しています。

ジョー・パスと共に演奏するキャロル・ケイ
ジョー・パスとキャロル・ケイの共演写真


★キャロル・ケイがベースで参加しているジョー・パスのアルバム
ベター・デイズベター・デイズ
ジョー・パス

Pヴァインレコード 2006-07-21
売り上げランキング : 111090

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。