レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2016/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左手中指の腱鞘炎はいまだ完治しないのですが、
あまりベースを弾いていないと不安なので、リハビリ開始。
Patterns for Jazz: Bass Clef(ヘ音記号版)という教則本があって、各キーのコード分解音からスケールまで、みっちりジャズの基礎を練習できます。
おさらいにはちょうどいいと思い、その本を使ったのですが、ベースを弾くと指に痛みが走り、たちまち中止。
弦の太いベースはまだ指に負担がかかりすぎて無理とあきらめ、ウクレレなら大丈夫だろうと、目下ウクレレでPatterns for Jazz: Bass Clefを練習しています。
オリバー・ネルソンのPatterns for Improvisation(元のタイトルは同じPatterns for Jazz)ほど有名でなく、地味で単調ですが、想像以上にグッドなジャズ教則本です。

★ヘ音記号版のPATTERNS FOR JAZZ
Patterns for Jazz: Bass ClefPatterns for Jazz: Bass Clef
Jerry Coker

Columbia Pictures Pubns 1990-06-01
売り上げランキング : 20360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

当分ベースは弾けそうもないし、いっそのこと、このブログはしばらく自分だけに見れるプライベートモードにしてしまおうか、とも考える今日この頃です……

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。