レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリント・イーストウッドといえば、無類のジャズ好きで知られています。
初監督作品でストーカーもののはしりでもある「恐怖のメロディ」の原題はPlay Misty for Me、
エロール・ガーナー作曲でジャズのスタンダード・ナンバーとしてお馴染みの「ミスティ」をテーマ曲にしていますし
(この曲を映画に使わせてもらうめに当時エロール・ガーナーに2万5千ドル払ったとか)、
チャーリー・パーカーの伝記映画「バード」も製作監督。
有名ジャズメンがクリント・イーストウッドに捧げたコンサートも催されたくらいで、
このコンサートの模様は「イーストウッド ・アフター・アワーズ」というDVDで観られますが、
ラストではなんとクリント・イーストウッド自らピアノを弾いています。

After Hours / C.E. Blues by Clint Eastwood [audio]


このコンサートには、実はクリント・イーストウッドの息子さんのイケメン・ジャズベーシスト、カイル・イーストウッドも出演、
長身のスーツ姿でさっそうとウッドベースを弾いています。
もう何年も前のことですが、カイル・イーストウッドがFMのJ-WAVEでDJ番組を持っていて、
当ブログ管理人はそれでこのベーシストの存在を知ったのでした。
お父さんの監督作品「硫黄島からの手紙」「インビクタス / 負けざる者たち」の音楽も担当しています。
エレキベースもウッドベースも達者にこなす両刀使いのベーシストですが、
次の動画では、ウッドベースで4ビートジャズを演奏。

Kyle Eastwood - Big Noise Winnetka


お父さんのクリント・イーストウッドの話では、
カイル・イーストウッドは初めはジャズに興味がなくてロックを聞いていたそうですが、
ロサンジェルスのジャズクラブに連れて行ってビッグバンドを聞かせたところ、
一発で気に入り、そのバンドのベーシストに基礎からみっちり教わったということです。
そういえば、日本でも、有名人の息子さんがベーシストだったりしますね。
オカモトズのハマ・オカモトさんが、浜田雅功氏の息子さんだったりとか……


*カイル・イーストウッドのアルバム
View from HereView from Here
Kyle Eastwood

Jazz Village 2013-03-11
売り上げランキング : 19360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Paris Blue (Dig)Paris Blue (Dig)
Kyle Eastwood

Rendezvous 2005-09-19
売り上げランキング : 299764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MetropolitainMetropolitain
Kyle Eastwood

Rendezvous 2009-06-01
売り上げランキング : 325847

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


*カイル・イーストウッドも演奏している音楽DVD
イーストウッド ・アフター・アワーズ [DVD]イーストウッド ・アフター・アワーズ [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-12-06
売り上げランキング : 11274

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
https://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/103-2e9418d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。