レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モンク・モンゴメリーはあまり知られていないジャズ・ベーシストかもしれません。
ウェス・モンゴメリーのお兄さん、というと、ああそうか、という程度の知名度でしょう。
しかし、実はジャズベース史上特筆すべき功績を残したジャズベーシストなのです。
なにしろ、1950年代の初めに、ジャズで最初にエレキベースを使い始めたパイオニア。
ウッドベースしか弾いたことのなかったモンク・モンゴメリーは、
初めはフェンダーのエレキベースをどう弾いたらいいかよくわからず、
弟のウェスの奏法を真似して、親指の腹で弾いてウッドベースライクな音を出そうとしたとか。
次の動画を見ると、モンク・モンゴメリーが確かに親指でピッキングしていることがわかります。

Wes Montgomery - Windy - Tv Show


モンク・モンゴメリーは弟のウェスとバディ(ピアノとバイブ)と一緒に、
モンゴメリー・ブラザースとして演奏活動をしていた時期がありました。
次に紹介するのは、1957年録音のモンゴメリー・ブラザースの「ビリーズ・バウンス」の名演、
モンク・モンゴメリーのエレキ・ベースによる快調な4ビートのジャズ・ブルースの演奏が聴けます。
(トランペットは若き日のフレディ・ハバードです。まだ10代!)

The Montgomery Brothers And Five Others 1957 ~ Billie's Bounce



*モンク・モンゴメリーのエレキベースが聴けるアルバム
(CD2の4曲目が上でご紹介した「ビリーズ・バウンス」です)
Way Out WesWay Out Wes
Wes Montgomery

Not Now UK 2011-01-20
売り上げランキング : 5868

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


WATER'S EDGEWATER'S EDGE
MASTERSOUNDS Buddy Montgomery Richie Crabtree Monk Montgomery Benny Barth

FRESH SOUND 2008-05-26
売り上げランキング : 596196

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
https://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/105-84af0cfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。