レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の「A列車で行こう」のニールス・ペデルセンのベースラインは、
アップテンポということもあるのかもしれませんが、
得意の1拍3連も使われず、いつもよりシンプルで
きわめてオーソドックスです。
ほんとうにニースル・ペデルセンなのか、と疑ってしまうくらいです。
しかし、クレジットにはちゃんとペデルセンと記されています。

1974年、オスカー・ピーターソン・トリオが
米ソ冷戦時代のソ連で行なった
珍しいコンサート(In Russia)での演奏のコピーです。

In RussiaIn Russia
Oscar Peterson

Pablo 1996-07-19
売り上げランキング : 420722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■ピアノがアドリブに入って1コーラス目のベースライン
A列車01
(クリックで拡大)

A列車02
(クリックで拡大)

A列車03
(クリックで拡大)


■自分で演奏してみた「A列車で行こう」のウォーキングベースの音声ファイル

■「A列車で行こう」と同様のコード進行の1例
シュッポッポ01
(クリックで拡大)

シュッポッポ02
(クリックで拡大)

関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
https://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/44-e30213fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。