レッツ・プレイ・ジャズベース!

ジャズといえばウッドベース、ですが、わけあってエレキベースで挑戦。ベースやるならウォーキングベース、ベースといえば4ビート!

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
〝ベースで弾くチャーリー・パーカー・フレーズ集〟第3弾は、
「オーニソロジー」で演奏されたジャズ・アドリブ・フレーズです。

今回も同じくチャーリー・パーカーのコピー集Charlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos .を利用しています。
*この楽譜集のBass Clef版の譜面はへ音記号で記されていて、
ベーシストが使いやすくなっています。
ただし、ベース用のタブ譜までは付いてないので、
当ブログの譜面にはタブ譜を付け足しています。


Charlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos . Transposed to Concert KeyCharlie Parker Omnibook: For All Bass Clef Instruments . Transcribed from His Recorded Solos . Transposed to Concert Key
Charlie Parker

Hal Leonard Corp 1987-02-10
売り上げランキング : 91436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■GのキーのⅠ(トニック)GΔ7のフレーズ
GΔ7
(クリックで拡大)

GのⅠ(トニック)のフレーズなので、スケールでいうとイオニアン、
平たくいえばGのメジャースケールが使われています。
フレーズといっしょにベース用のGのメジャースケールの譜面も載せておきました。

スケール以外の音は、6th(E)から5th(D)に進行する際に
クロマチックの経過音E♭(♭6th)が使われているだけです。
さすがジャズの神様だけあって、
無駄な音は一切使わずに素晴らしいフレーズを奏でています。


■FΔ7のフレーズ
FΔ701
(クリックで拡大)

「オーニソロジー」のキーはGなのですが、
FΔ7のコードのところでは転調していて、
Fのメジャースケールを使っています。

①のフレーズは、F音からの下降フレーズで、
D(6th)ではなくD♭(♭6th)を使っているのが工夫の一手でしょうか。
ちょっとハズす感じがジャズっぽいです。

②のフレーズの1小節目は、F、A、Cとアルペジオで急上昇したあとに、
E、E♭、D、D♭、Cとクロマチックでゆるやかに下降するところが決め手でしょう。


■m7のフレーズ
・Gm7
Gm701
(クリックで拡大)

・Fm7
Fm7
(クリックで拡大)

「オーニソロジー」のキーはGですが、このGm7はFに転調しています。
キーFのⅡということになるので、
スケールでいうと、Gのドリアンなのでしょうが、要するにFのメジャースケールです。

同じくFm7はE♭に転調しています。
キーE♭のⅡということになるので、
スケールでいうと、Fのドリアンなのでしょうが、要するにE♭のメジャースケールです。

*譜面のタブ譜は同じフレーズを2つのポジションで書いてあります。


■Gのキーの1小節単位の短いⅡ‐Ⅴ(Am7/D7)
Am7D7
(クリックで拡大)


今回の「オーニソロジー」の演奏が入っているチャーリー・パーカーのダイアル時代の全録音集
Complete Dial SessionsComplete Dial Sessions
Charlie Parker

Jazz Classics 1996-07-23
売り上げランキング : 617065

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



関連記事
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
https://jazzbass60.blog.fc2.com/tb.php/70-68ef0b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。